オリジナル紙袋を作るときは商品の大きさを考えよう

女性

雰囲気に合わせたデザイン

診察券

病院や診療所で必要になるのが診察券です。初めて診察を受ける場合必ず診察券を渡されます。なぜなら、診察券には患者さんの情報を素速く引き出すために作られているものだからです。診察券を忘れた場合も個人情報を伝えることでシステムから情報を引き出すことができます。しかし、同姓同名の人や同じ誕生日の人がいて検索するには時間がかかってしまいます。効率よく受け付けを済ませるためにも診察券は必要なものなのです。診察券のデザインは各医療機関によって異なります。そのためどの医療機関の診察券なのかすぐに判断することができます。年を重ねるにつれ財布やカード入れには診察券が増えてしまいます。そのため、窓口で診察券を探すのが大変になってしまいます。デザインをハッキリ区別することで探す手間を省きスムーズに受付が行なえます。診察券を作るときはそういったこと考えて作るといいでしょう。診察券は印刷会社に注文することでいろいろなデザインを選択することができます。まず、一番手軽に作れるのが紙のものです。コストが低く、すぐに名前をボールペンで記入できるので便利です。紙につやをつける光沢加工が施されたものもあります。こちらは汚れにくいという特徴があります。つやではなくマット加工を施したものも比較的汚れにくいです。プラスチックの診察券は一番強度が高く長持ちします。名前の部分は基本的に油性ペンで書かなくてはいけません。豊富な素材やデザインから病院や診療所の雰囲気に合わせて診察券を作りましょう。